特許を取るにはどうしたらいいのか?それを商品化する為にはどうしたらいいのか? 実際に私が特許を出願して億万長者を目指してがんばります!

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ちばこちばお

Author:ちばこちばお
特許で億万長者になれたら最高ですよね!発明は、社会の役に立ち、沢山の方に感謝されたうえに、しかも報酬まで頂けたら、究極ですよね!このブログでは心から発明を楽しみながら、それを特許化し、それが収入になるように、実際に実行していく過程をご紹介して行きたいと思います。弁理士の先生、発明家様、もしくはこれから発明家を目指すという皆様からも、ぜひ、アドバイスや情報を交換して頂けたらと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。


-天気予報コム- -FC2-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
どうも、ちばこでございます(^◇^)

10000944300_s[2].gif



さて、これが、わたしの父が発明した屋根ですよ(^_-)
04.jpg


これは、本発明の敷設方法「知恵の輪工法」です!
知恵の輪のように、隙間から、ハゼ部分を重ねて、あとは重力で下に降ろします(^。^)

この時に、テコの原理も働きますが、別にそんな力は要りません。スルリと、試作品の小さいサンプルでも、動作するところを見せてもらいましたが、この動作は、とても美しいもので、見ていて楽しいです\(^。^)
07.jpg


今回は、本発明に、万が一横から、シャベルなどの道具などが激突した
場合の耐久性をご説明させて頂きたいと思います\(^。^)
10B.jpg


この画像をご覧下さい。これは、もうそのまま、電子出願された図面の画像なのですが、符号Sは、雪よせとかで使う、シャベルなんかの激突物を表していますよ(^。^)それで、ここに、上と右に力が加わる訳ですが、例えそのような力が加わったとしても、23の部分が上の力のストッパーになっていて、さらに11の部分の傾斜が24の部分の、ストッパーになって、掛かる力Fxを、押さえ込んでくれる訳でございます\(^。^)

これで、本発明の大体の説明はOKですね(^。^)

発明の名称は 「ワンタッチ式屋根葺構造及びワンタッチ屋根葺接続方法」
出願日は 平成18/2/14日
出願番号は、 2006-35889 となります。

請求項は4つありますが、これまでご説明してきたところでございます。
本発明を商品化してくださる会社様を大募集中でございます(^。^)

お問い合わせ先 patent_online@yahoo.co.jp
法人様名、電話番号、ご担当者のお名前を明記の上
「屋根の発明の件でと、ご連絡ください(^。^)」


よろしくお願い致しマース\(^。^)

スポンサーサイト


2006/12/18 22:33|屋根の特許発明TB:1CM:28

Copyright(C) 2006 特許で億万長者になろうぜ!!! w(☆o◎)w All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。