特許を取るにはどうしたらいいのか?それを商品化する為にはどうしたらいいのか? 実際に私が特許を出願して億万長者を目指してがんばります!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ちばこちばお

Author:ちばこちばお
特許で億万長者になれたら最高ですよね!発明は、社会の役に立ち、沢山の方に感謝されたうえに、しかも報酬まで頂けたら、究極ですよね!このブログでは心から発明を楽しみながら、それを特許化し、それが収入になるように、実際に実行していく過程をご紹介して行きたいと思います。弁理士の先生、発明家様、もしくはこれから発明家を目指すという皆様からも、ぜひ、アドバイスや情報を交換して頂けたらと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。


-天気予報コム- -FC2-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
みなさん、おはこんばんちは\(^。^)千葉でございます! 今回は、またかなり昔の自分が発明ノートに付けていた 発明を掲載させて頂きたいと思います。 それが、最初は笑っていたのですが、今の私が見ても 「こっ…これは…もしや!!!」っていうものが、数件出てきました(^^;) 今日、発表しようとしていたのですが急遽取りやめて、先行技術調査を やって、類似するものが無ければ、出願しようと思いました(^^;) 案外と、10年前のオレもあなどれません。 しかし、アホ発明は沢山ありますので、そのアホ発明の究極形を お見せ致したいと思います。 20060207225212.jpg
コレです!「口シャワー」です!!! これは、発明をノートに書き続けるというノルマを無理矢理 おのれに課して発明を出し続けた結果生まれた、苦し紛れというか もはや「最終的な終着駅」と言っていた発明で、ある意味 世紀の大発明かも知れません。 我ながら、すえおそろしさを、この頃の自分に感じざるを得ません。 ps 今、出願中の発明、「シークレットコードkt」なのですが、まだ 弁理士の先生から、連絡がございません。先生はきっと、少しでも 良い明細書をと頑張ってくれているのでしょう。でも、はやく 出願したいですよーっ!先生早くしてくださーい(´д`;) 一秒でも早く、億万長者になりたいでーす!!
スポンサーサイト


2006/02/09 22:24|発明初期のアホ発明TB:0CM:0
みなさん、おはこんばんちは\(^。^)
ちばこでございます(^v^)/
今日も、昔の私が考えていた、ボツ発明をお見せ致したいと
思います(^_-)
20060207225155.jpg

エレキシャープペンシルです(^^;)
シャーペンに、磁石を入れて、ピップエレキバンのように
手のコリをほごすという、特許発明です(^^;)

オレってパープリンですか?
それとも、もうこんな発明あるんですかね?
あったら、本当に肩こりとかに効果があるんでしょうかね?
と、思って調べてみました。

先行技術調査の結果はこちら

以外と、いいアイデアだったんですね(^^;)
先行して出願されている方の図面と明細を拝見させて
頂いたところ、なるほど鉄製のボードとかにペンを
くっつけておいて、いつでも使えるようにするという
発想は、なかなか着眼点がいいですね。
私の場合は、手のコリをほぐすという着眼点しかありませんでしたが
なるほど、発明家の先輩達の出願は勉強になります。
先行技術を調べる方法は、独立行政法人、工業所有権情報
特許電子図書館サービスがお奨めです。あと、Googleを使って
ひたすら、商品化されて既に発売されていないか、調べます。

電子図書館はこちら

アイデアが浮かんだら、まず、既に商品になっていないか?
先に特許出願されていないかをチェックしましょう。
わたしもかつてそうだったのですが、アイデアが浮かんだら
先行技術調査を後回しにして、その発明を仕上げて出願しようと
順序が逆になってしまいがちです。どんなに優れた発明であっても
先に商品化されていたり、特許出願されていれば、その発明に
費やした労力は全部、水の泡になってしまいます。
なので、アイデアがちょっと浮かんだ段階で、すぐに先行技術
調査を行うのが、ベストだと思います。
そして、仮に同じような発明がまだ、商品化も出願もされていない
場合であっても、その調査がとても役に立ってきます。
先行技術は、その調査を元に、アイデアの種を改良して、より優れた
ものへと改良する情報源を手に入れることにもなるからです!
自分で調べれば、無料です。ついでに、その技術分野の勉強も自然と
出来ます\(^。^)まさに一石二鳥ですね!


さて、ギャグのほうに戻りますが、昔の私は、一日一個くらいの
ペースで発明を考える日課を自分に課していたので、これからさらに
とんでもない発明が苦し紛れに生まれていき、最後には自分でも枯れた…という発明に行き着きます。

つまり、まともじゃない発明に、到達して行きます。

その終着駅とも言える発明に至るまで
まだまだ、ボツになった発明がありますので、次回もそれを
ご覧下さいませ(^_-)おたのしみに♪

2006/02/08 23:50|発明初期のアホ発明TB:0CM:0
今、出願している発明は、本当にちゃんとした、すばらしい発明なのですが ここに至るまで、わたしにも、発明パープリン時代がありました。 特許に興味を持ったのは、父親が、機械屋をやっていて、常日頃から アイデアマンで、「特許を取れば大金持ちになれる」と子供の頃から 言い聞かされてきたからだと思います。父は、特許を出願した経験が あるのですが、一件は先行出願され特許を取れず、一件は、売れなかった そうです。今日、押し入れを掃除していたら、偶然に今から、9年前の、私の 発明日記が出てきました。日付は1997年9月29日とあります。 この頃私は、発明と漫画を描くことに明け暮れていたのですが、ギャグ 漫画を描いていた影響か、発明自体がギャグになっていました(^^;) barans_surixtupa.jpg
毎日、一個、特許を考えると決めて、知恵を振り絞っていた時代です。 本当に、今見るとアホ発明の山なのですが、今は父のアイデアとは言え 凄まじい革命的特許を出願する程になったわたくしでも、このレベルから ちょっとづつ成長してきたわけでございます(^^;) 皆様に勇気を与えることが出来るかもしれませんので、当時の私の パープリン発明をしばらくブログにアップしてみたいと思います。 自分で見ていて、笑いすぎて腹が痛くなってしまいました(^^;) これを、当時、弁理士の先生に無料相談会の時に持って行って相談して 先生たちに、笑いながらまじめに相談を受けて貰った思い出が、蘇り うれし恥ずかしいでございます\(^^※) 当時は、お金も出願する方法も知らなかったので、先行技術調査も していませんが、こんなスリッパってあったりするんですかね? どうせ売れないとおもいますが。・゚・(ノ∀`)・゚・。 当時は、大まじめにこんなのを考えていたのですよ(^。^;) 自分でも、信じられません。 この当時、後ろの欠けたダイエットスリッパは既に売ってあった のですかね?そのパクリというか、改良?ですかね?? 当時の自分にタイムマシーンに乗って、聴きに行きたいですよ(^^;)

2006/02/07 22:40|発明初期のアホ発明TB:0CM:0

Copyright(C) 2006 特許で億万長者になろうぜ!!! w(☆o◎)w All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。