特許を取るにはどうしたらいいのか?それを商品化する為にはどうしたらいいのか? 実際に私が特許を出願して億万長者を目指してがんばります!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ちばこちばお

Author:ちばこちばお
特許で億万長者になれたら最高ですよね!発明は、社会の役に立ち、沢山の方に感謝されたうえに、しかも報酬まで頂けたら、究極ですよね!このブログでは心から発明を楽しみながら、それを特許化し、それが収入になるように、実際に実行していく過程をご紹介して行きたいと思います。弁理士の先生、発明家様、もしくはこれから発明家を目指すという皆様からも、ぜひ、アドバイスや情報を交換して頂けたらと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。


-天気予報コム- -FC2-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
どうも、ちばこでございます(^◇^)

10000944300_s[2].gif


わたくし、ちばこちばお!
はずかしながら、特許で億万長者になるために、ふたたび
この、ブログにもどってまいりました!!!

いやぁ、特許を出願するのに、15万くらい弁理士に頼んで
お金かけて、時間もかけて、それはもう大変な労力と時間と
まぁ、15万円を投入して、意気揚々と、発明を売り込みに
はいったわけですよ!何回も、いいますけど、15万ですよ!
貧乏人にはたまったもんじゃないですよ、まったくもう!!
図面は私は、図面屋なので、自分で全部書きましたが
それでも、安いところを見つけても、こんぐらいは掛かります。

これでも安いほうな訳です。普通、特許事務所に依頼した
場合、20万円以上はかかりますよ。出願するだけでです。
もちろん、発明の難易度にもよるんですけどね、価格は。

難しい発明ほど、それは明細と図面を作成するのに、ものすごく
時間と労力と高い知識を要しますから、それは高くなっても
しょーもないわけです。

しかし、やっぱりなんで出願するのに、こんな金かかるんかなぁって
個人としては思うわけですね。
個人事業の届け出書くらいに、簡便にならないもんですかね(^^;)

私も、出願したいアイデアが山のようにあるわけですが
でも、お金がかかるから、なかなか出願出来ない訳です。
商品化されて、ヒットしてと上手くいく確率も、とても低いので
そんなに、バンバン出願したくても、お金の面で無理が出てくるんですよね。

そこで、わたしは思いました。自力で明細書も書こうと!!

これは、最高だなぁっていう、特許だけは弁理士に依頼して
それ以外の、ちょっと、一か八か、わからない的な発明は、自分で明細と
図面を作成して出願しちゃおう!と考えました\(^。^)

勉強にもなるし、いいなぁと!

それは、明細書を書くのは難しいですし、特許庁にかなり
拒絶される可能性が高いでしょうが、何回もやっていけば
プロ並みになっていける可能性があると思うんですね。

勉強一生懸命すれば。それと、弁理士に依頼する場合でも
結局、発明の内容を説明しないとならない訳ですね。
今回の場合は、もう自分で明細書いた方が、絶対早いって
思うくらい、説明に時間がかかってしまって、つかれちゃいました(´д`;)

弁理士には、色んな種類の人がいて、簡単な日用品とかしか特許は
扱えない弁理士もいれば、複雑な機械の特許とかも扱える専門性の
高い弁理士もいるわけです。
実際、機械に強い弁理士の先生は、とても重宝されています。

結構、医者の世界と同じで専門性の分野が様々にあるわけです。
んで、すごくシンプルな日用品の特許とかは、簡単だからまぁ
ほとんどの弁理士が扱えるわけです。でも、ある程度経験値のある
弁理士のほうが、それを特許にする経験が豊富なので、特許になる
確率が高くなるわけです。

あと、専門分野に精通している弁理士に頼めば、発明内容を説明して伝えるのも、話しが早いし、特許もちゃんとした明細と図面で仕上げてくれて、確率も高いわけです。

弁理士会の弁理士検索サービスで、専門分野を見ることが出来ますので
それで、自分の発明分野に強そうな先生を捜すのは有効な手段のひとつだと思いますよ\(^。^)

http://www.jpaa.or.jp/advisement/index.html#

ここで、よーくチェックするといいのは、偽物の弁理士はここに
登録されていないということからも言えます。
自称弁理士の先生には気をつけましょう(^^;)

あと、無料発明相談を利用して、発明を相談に
いきながら、ついでに、その弁理士がどれだけ、その発明の分野について
精通しているかを確かめて、「この人はわかってる!さすがだ!!」って
思ったら、名刺を貰えるので後からまた、改めて電話して聞いて
事務所へ相談しに行くといいと思います。
大体、見積もり出してもらえて、初回の相談料は無料の事務所さんが
多いですので、どんどん相談してみましょう。

弁理士には、守秘義務があって出願前の特許でも、口外してはならない
という規約がありますので、出願まえに相談しても安心です。

逆に、弁理士以外には、絶対に出願まえには発明の内容を
漏らさないようにしないといけません。
特許は、だれも知らない、まだ実現していない発明だから
特許になるので、知られたら特許にならなくなっちゃうので
気をつけましょう\(^。^)

よく、出願前に会社に発明を売り込んでしまう人がいるらしいのですが
それは、本当に危ないのでやめたほうがいいと思いますね。
私も、昔それをやってましたが、大半の会社は良心的だと思うのですが
中には、「それは、我が社で既に考案済みの発明であり…」という
返事が来て、「えーっ!!?」って思ったことがあります。
実際、そうだったのかも知れませんが、そうじゃない場合もありますよね。

そこで、思いましたよ(^^;)

「やっぱり、最低でも出願済みでないと、売り込みなんかしちゃいけない!」

あとから、「えーっ!!?」ってなっても、泣き寝入りするしかありませんからね。そもそも、特許は、公然のものでなくて、まだ、みんな知らない状態のものだから、特許になるのに、出願前に売り込むということは、その前提を壊してしまう行為でもありますので、順序が逆ということになります。

アイデアが浮かんだ!

先行技術調査する!

特許出願する!

売り込みする!

が、いいかと思います。あと、お金に余裕があるのなら、お奨めなのが
特許出願して、もう一気に審査請求もやっちゃうという方法です。
出願と同時に審査請求とうのも、よくあるやり方です。

審査請求というのは、出願した特許を特許庁に「特許になるか審査」
してもらう手続きのことで、168.000円くらいかかります。
これを行うことで、審査が実際にされます。これを行わない
特許出願は、3年以内にこの審査の請求をしないと、権利を失います。

特許公報で、「未請求」と、書かれている特許を良く見かけますが
あれは、まだ、審査請求をしていない特許で、ただ出願だけはしている
状態の特許だという意味なんですね。

出願日と、今現在の日時の差が3年あれば、その特許は、「流れた」と
いうことになります。
弁理士の先生の話だとそういう案件がほとんどだそうです。
審査請求の値段が、昔よりも、倍の値段になったので余計にそういう
ケースが増えているんじゃないでしょうか?
あまりに出願が多すぎて、特許庁も対応しきれないのでしょうね。

この審査請求をして、審査が通れば、特許権を取得することが
出来ます。そうなると、売り込みでも、かなり強みになるようで
契約内容も、ずっと好条件になるそうです\(^。^)
ただ、審査請求にはまた、さらにお金がかかりますので
出願している状態で、実施契約を結んで貰えるほうが、少ない
お金で、特許の実施契約を結ぶことが出来るのでありがたいですよね。
スポンサーサイト


2006/06/28 12:57|売り込み方法TB:0CM:2
10000944300_s[2].gif

おはこんばんちは\(^。^)ちばこです!
今日、早速企画書を、郵送いたしました(^。^)
偉大なる第一歩です!


2006/02/24 22:49|売り込み方法TB:0CM:17
kikakusyo_hikari.jpg

皆様、おはこんばんちは\(^。^)
父がどうしてもと言うので、今日は有力な企業様に電話で
アポイントを取ってみました。
ちばこ:「もしもし、ちばこと申します。社長様はいらっしゃいますでしょうか?」
受付の女の子「こちらへおかけくださいませ」

と、社長さんがいるほうへ、お電話。
ちばこ:「もしもし、すみません。いい特許発明を出願したのですが、特許などの企画などを御社では受け付けて、おられませんでしょうか?」
社員様:「どのような、発明ですか?」
ちばこ:「革命的な発明です!」
社員様:「えっ? ぷっ! 革命的ですか?」
ちばこ:「もし、よろしければ、先ず企画書をご覧頂けませんでしょうか?」
社員様:「いいですよ」
ちばこ:「それで、商品化して頂けるのであれば、御社に独占契約を!と…」
社員様:「わかりました。わたしどもが見て、いいものであれば、上のほうにも回して検討してみましょう!」
ちばこ:「ありがとうございます!それでは、早速お送りさせて頂きますので、失礼いたします」
社員様:「あっ…あの、すみません、お名前は?」
ちばこ:「あっ!すみません、ちばこと申します。では、失礼いたします」

という、感じで、電話アポを取らさせて頂くことが出来ました(^^;)
結構、緊張するものですね(^^;)
どんな発明かと言われても、「シークレットコードkt」は一言では
説明が出来ない発明なので、「革命的発明です!」と言いました(^^;)
社員の方が一瞬ウケていたのが、わかりました(^^;)
この、セリフはかなり使えると思いました!

電話でアポイントを取ってみての感想ですが、これはいいと思いました。
確かに、面倒でちょっと緊張するのですが、いきなり企画書を送るよりも
ちゃんとご挨拶をして、担当者の方の名前を確認して、その人に充てて
企画書を送るほうが、確実に見て貰えます。
会社でも発明を受け付けてくれる場所以外に企画を送っても
担当部署に届くまで時間が掛かったり、最悪届かない場合もあると
思います。私がアポを取った会社様は、支社が何社もありました。

最初、本社に電話して、実際、発明を受け付けているのは別の場所でした。

アポを取らなければ、本社に送っていたので、上手く担当の方へ
届かなかったかも知れません。

ただ、方法論として、本社に送ってその会社の社長様宛に送ると、アポ無しでも上手くいく確率は高いかな?とも思います。
ただ、アポを取っていれば、確実に見て貰えますので、そういった意味で
安心感があります。結論としてアポは取れるなら、取るに越したことはないと思いました。どうも、大きい会社の大半は、そういう企画の持ち込みを
歓迎してくれているように感じます。
9年ほど前、プリクラの応用的発明を、特許制度を知らなかったので
ただ、企画書にして特許出願せずに、3社に郵送したことがあるのですが
3社送って3社から、手紙と電話で返事を頂くことが出来ました。
セガとアトラスと、コナミだったと思います。
セガとアトラスがとても、親切で、好印象だったのを今でも覚えています。
アトラスさんは、企画書自体のイラストと中身の漫画説明書みたいなのに
興味を持って頂いて電話でイラストの仕事を頼みたいとも言ってくれました(^^;)当時ど素人の私にあそこまで丁寧に対応して貰ったことは今でも忘れていませんし、あれがきっかけで、より特許について興味を持っていったと思っています。

このように大きい会社ほど大体、本社に送れば、見て貰える確率は高いとは思います。電話して、アポを取って、印象が悪い会社さんの場合は最初から、そういうのを、受け付ける体質ではない会社さんだと判断して、企画書を送らないというのも、電話アポのいいところだと思います。

素晴らしい発明の、実施契約を提供したい!というおいしい話を持ち込む訳ですから、逆にそれを嫌がる会社さんは、そもそも対象にならない!とそれくらい強気に活動していくほうが、逆に無駄も無くアグレッシブに行けると思います(^。^)
早速、明日、企画書を、この会社様へ郵送してみたいと思います\(^。^)

父は、相変わらず、超ブル(強気)です!どこも、やらないならオレが
商品化する!と言っています。それほど、自信があるのです。
ある意味、カッコイイなと、父を見ていて思いました(^^;)
わたしは、この発明に関しては素人なのですが、確かにいい発明だと
思います。あとは、良い会社様と巡り会えれば、いいと思うだけです。
その為に、企画書を再度、改良してよりわかりやすくして、内容を整理して
みました。これで、ダメならごめんなさい(^^;)って感じです。

2006/02/23 23:10|売り込み方法TB:0CM:4
みなさま、おはこんばんちは\(^。^)
企画書がとりあえず、完成したので、先ず最初に
どこに売り込もうかと、父と検討しているところです。
私の考えでは、一気に10件くらいづつ、同時進行で売り込みして
行こうと考えていたのですが、父は、この発明を実施出来る企業は
限られていると考えていて、あって3社くらいだといいました。
あと、まとめて売り込みして、沢山オファーが一度に来ると困ると
言っていました(^^;)凄い自信です!私はこの、シークレットコードktの
商品としての可能性に魅力を感じているのですが、100社当たって1社に
実施して貰えば大成功と考えていました。父は、この発明に関しての
専門家です。なので、父の言うことが結構正しいと思うのですが、甘いとも
思うのです(^。^;)そんなにカンタンに行ったらそれは、最高ですけど
私は、最低でも100件は当たるつもりでしたし、今でもそう考えています。
また、売り込み先は、父が考えるほど限定されていないとも考えています。
いずれにしても、とりあえず、その最初の数件は一件一件、足場を確かめる
ように売り込んでいくということで、同意しました(^。^)
それで、父は決まる!と超強気で、もしそこで、ダメならいくら
売り込んでも、あとは無駄とも言っています。私は、その最初の
売り込み先で決まってくれたらそれは最高ですが、それがダメでも
100件は売り込む覚悟をしています。手を尽くして、売り込みまくって
これだけやってダメなら、どうしょうもない!というところまで
売って売って売り込みたいと考えています。
父は、しょっぱなで、勝負だと考えていて、私は100戦することを
前提にしています。
最初から、失望を覚悟して、ちょっとやそっとじゃ、くじけない!
そう決めているのです!!
先ず、一件目、2件目、3件目と行きます。
それからは、怒濤のような攻撃をしかけたいと私は考えていますが
父は、どう判断するのかなぁ?わたしとしては、最初から一気に
攻め込みたいと考えているのですが、まぁ、爆弾特許ですので
出願公開までは、まだ焦ることもないですよね(^。^)
父は、電話でアポを取ってから、企画書だけを送って、やる気がある
企業さんだけに、特許書類とサンプルを見せて交渉すればいいと
言っていますが、私は、電話なんかしないで、一気に毎月10件くらい
づつ、企画書を送付して同時進行で、返事待ちの状態を作って、どんどん
やっていけばいいと考えていましたが、父は慎重です(´д`;)
強気なのか弱気なのか、わからない男です(^^;)
イチイチ、アポ取るのは面倒ですが、最初は試しにそうして
慎重に進めてみたいと思います。随時、結果報告していきますので
おたのしみに(^_-)


10000944300_s[2].gif



2006/02/22 23:47|売り込み方法TB:0CM:2
みなさま、おはこんばんちは\(^。^)
ついに企画書を作成しました!やりました(^_-)
特許図面のデータを流用したので、早かったです(^◇^)

もっと時間とか、かかるかと思ったのですがやってみたら
あっという間でした。
文章を書くのが一番時間がかかりました。図面はコピーで
転用出来るのでラクチンでした。

さらにブラッシュアップして完成度を
少しずつ高めながら、売り込みに使っていこうと思います。
売り込み先を、調査して、一件一件丁寧に頑張ってみたいと
思います(^◇^)
kikakusyo_hikari.jpg



2006/02/17 19:01|売り込み方法TB:0CM:19

Copyright(C) 2006 特許で億万長者になろうぜ!!! w(☆o◎)w All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。